img_8668a

 

「本当の自分を思い出す」がテーマの「タオライアー」をシャスタで制作してきました。

制作会場の外はこんな感じの公園です。

img_8562a

制作WSでは、ドイツで育った桜材に、「どう彫ったらいいですか?」

と問いかけながら作りました。うまくいかない時にむりしてもダメで。

スムーズにいかない時には、立ち止まって深呼吸したり、落ち着いて何かを変えてみる。

そういった事を、作業を通じて学ばせて頂きました。

疲れてきた時は、近くにシャスタの美味しいお水を汲める所があったので、シャスタ山からのお水のパワーも頂き、

img_0050a

いろいろな方からの暖かいサポートも頂き、完成した時は嬉しくて、感謝でいっぱいでした!

3日間かけて出来上がった時は、ホッとしました。

しかしこれが終わりではなく、「しっかりとライアーと向き合って調弦を続けることが大切」

という先輩ライアー奏者さんからの言葉を思い出しながら、日本に帰ってからも

コツコツと調弦を続けて来ました。

だいぶ安定してきたので、今日はお天気も良いので公園へ!

外で奏でるとまた格別な心地良さでした。

弾くときも、自分が呼吸できていなかったり、手の角度が不自然だといい音が鳴らない。

弾き方を通して、また、ライアーは私に大切なことを教えてくれています。

タオライアーが来てくれた全てのご縁に感謝いたします☆彡

末永~く、仲良くお付き合いしていきます(*^^*)!