「石など、山にあるものは、山での体験をしたくてそこにあるんだから、持ち帰ったりしてはいけないよ。」
「全てのものは、そこにあることを選んでいます」
「もしどうしても手元に置きたくなったら、石に気持ちを聞いて、感謝して大事にしてください」
「・・・でも、なるべく避けた方がよいでしょう。」

・・・と、知人の方から教えて頂いたことがあります。

その言葉を思い出し、

来ていただいた石を、同じ山へお返ししに行くことにしました。

思い立ったらすぐ行動!有馬からロープウェイで登っていき、

 

 

山頂から「紅葉谷」へと下っていきました。

石をお返しするのは、なるべくこの石が自然に溶け込んで、喜びそうな場所がいい。それはどこだろう?

という思いで歩いていくと、

この石のお姉さんのように似ている石と出会いました。

近くには川が流れ、川辺に紅葉が彩りを添えています。

ここならきっと喜びそう!

川も近いから、石に含まれるミネラル分などが海にまで、また届くかもしれないし・・・

石を自然の大循環の中に、お返しししたら、なんだかほっとしました。

そして石に感謝の気持ちを伝えました。

「石さん!今まで、私と一緒にいてくれてありがとう!

私はもう大丈夫!

お願いして手元に来てくれたけど、あなたは自然の中で大きな循環の中にいる方が、ずっと好きだったんだね。

これからは、お山にあるものを持ち帰ったりはしないよ。

いろいろと教えてくれて、ありがとう!」

これからも何か気になること、不自然さを感じるときには、その感覚を大切にしようと思います。

☆最後までお読みいただき、ありがとうございます☆

 

↓このブログ独自の「いいね!」ボタンです
  良かったら、ポチっとして下さい💕
1 Star 0
Loading...