最近、書くことにあまり気が乗らない。
何故だろう?
・・・と思い当たったのが、「洒水の滝」です。
洒水の滝のことを書こう!
と、思いつつ、そのままになっていたことが、新しいことを書く流れを
止めていたようです。

洒水の滝の「洒」は「シャ」と読み、「綺麗に水をかけて洗う」

「さっぱりして、あか抜けている」などの意味があります。

「秋」は木が落葉し、エネルギーが結実していく時期。

断捨離にピッタリのこの季節に、「シャ」のエネルギーを持つ

「洒水の滝」について書くことは、私にとって必然だった気もしています。

さて、「洒水の滝」ですが、この滝は神奈川県にある滝です。

100選の名瀑、名水として知られています。

入口の左側にある堂々たる木。

しばらく見とれてしまいました♡

滝に向かう途上で,鯉が滝を登って龍になった、という伝説をイメージした

いくつかの彫刻が在りました。

彫刻の種類によって表情が違って、面白かったです!

「やれやれ、やっと龍になれたよ~!」

ほっと一息入れているかのような、龍の姿でした。

よく見ると、まだ半分、鯉の姿が残っていますね~(*’▽’)

作家さんの遊び心を感じて、楽しいです!

こちらは、滝の周りの岩場の様子です。

その岩の間を流れる直線的な滝。

赤い橋との対比が印象的でした○o。.

滝の近くの「幸せダルマ」です。

目をパッチリと見開き、ダルマさんには珍しく、口が開いています!

「自分にとっての幸せとは何か、はっきり見なさい。はっきり口にしてみなさい!」

ダルマさんを見ながら、そんな心の声を感じていました。

河原の近くにいた「トンボ」。

「トンボ」を見ていて感じたこととは・・・

「シャ」は「捨」であり、「謝」でもあります。

今までの経験への「感謝」は「洒」(洗い清めること)となる。

「洒」(洗い清めること)により、本当にいい「捨」になる。

そうなると、自然に変容していくんだよ・・・♡

・・・のような事でした☆

帰り道、車窓から富士山を見ることができました。

「自然に心から思うことを表現していけばいいんだよ!」・・・と

大好きな富士山に、エールを送っていただいているようで、嬉しかったです♡

今までのすべての経験に、感謝いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

☆神恩感謝☆

↓このブログ独自の「いいね!」ボタンです
  良かったら、ポチっとして下さい💕
1 Star 0
Loading...